【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

サッカーの羅針盤

【維新の風】甲府戦の勝利へ!田中渉の課題意識を読み解く

ベガルタ仙台から期限付き移籍して2年目。今シーズンの中盤の要として、日に日に重要性をましている田中渉ですが、GWを含む5連戦で痛感させられたのが、試合によるパフォーマンスのばらつきです。

流れに乗ると相手にとって本当に嫌な選手、味方には心強い選手になる一方で、試合によっては完全に消えてしまったり、守備でも貢献度が大きく下がってしまいます。トータルの運動量は運動量は多い方ですが、本当の意味での対応力、発信力と言ったところに課題があるのは本人が一番理解しているのではないかと思います。

「死に物狂いで勝ちに行きたい」と語る甲府戦に向けて、田中渉選手のコメントから筆者の見解を提示します。

(残り 1844文字/全文: 2135文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ