サッカーの羅針盤

【湘南戦線】マリノス戦の勝負を左右した水沼宏太のゴールを湘南から解説:積極性が”蛮勇”になってはいけない

湘南ベルマーレは横浜F・マリノスに1−4で敗れました。ヴィッセル神戸がサガン鳥栖に4−0で勝利したため湘南は最下位に転落。しかもACL組の神戸、16位の浦和より1試合消化が多く、まだ3分の1を過ぎた段階ながら、厳しい状況にあると言わざるを得ません。

ただ、見方を変えれば3分の2が残っており、山口智監督が目標に掲げたリーグ5位も現在その順位のサガン鳥栖と12差であることを考えれば、決して実現不可能ではありません。

(残り 2444文字/全文: 2650文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ