サッカーの羅針盤

【山雅探報】これぞクラシコ!信州ダービーの醍醐味を振り返る(2)静岡ダービーの意味合い

元川

名波監督的にはああ言うのを言いたかったんでしょ。97年9月28日、国立競技場で負けたあの日韓戦とか、97年11月1日に自分のゴールで勝った試合とか。あの時、チャムシルに日本人が2万か3万か行ったじゃん。

河治

はい。

元川

あれも一種のダービーというかクラシコでしょ。

河治

日韓戦はクラシコという方が表現は近いだろうね。だからJリーグにも、いわゆるダービーはたくさんあるんだけど、クラシコとまで表現できるものはあまり無い。だけど、信州ダービーが信州クラシコであることを今回改めて思い知ったよ。

元川

だから名波監督もそういうものを選手に啓発して、この試合に備えていたから。当然、試合内容も引き締まったものはあったと思うし、お互い負けられないという闘争心?

河治

そうだね。

(残り 1583文字/全文: 1912文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ