サッカーの羅針盤

【ジュビ論】伊藤彰監督にズバリ聞く!鳥栖戦に挑む3つの勝利ポイント(3)”休ませてくれないサッカー”にどう向き合うか

ジュビロ磐田はIMD明けにホームのヤマハでサガン鳥栖と対戦します。

伊藤彰監督は「鳥栖さん本当に若いチームでアグレッシブでスプリント力ありガ、前からガンガン来る」と相手を認めながら、自分たちも「受けて立つのではなく裏返すぐらい走り続ける」と語り、アグレッシブな戦いを描いているようです。

サガン鳥栖にどう戦うかということはもちろんですが、やはり事実上、後半戦の最初となる試合での戦い方は後半戦に向けた所信表明になる意味でも重要な試合です。

伊藤彰監督に後半戦にもつながる3つのポイントを聞きました。

 

③”休ませてくれないサッカー”にどう向き合うか

質問:鳥栖は休ませてくれないという話で。それにある程度、対抗しながらも90分やってしまうと鳥栖はリーグ戦の走行距離が一番高くて。ジュビロも中断あけで元気だと思うんですけど、休ませてくれないサッカーに付き合う部分と良い意味で付き合わない部分のゲームコントロールをどうマネージメントしていきたいですか?

伊藤彰監督

(残り 576文字/全文: 1005文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ