サッカーの羅針盤

【湘南戦線】磐田戦ゴールへの渇望!鈴木章斗が抱く二つのライバル心

 

天皇杯3回戦のジュビロ磐田戦に臨む湘南ベルマーレ。今シーズン何度も顔を合わせているカードですが、人一倍モチベーションを高めているストライカーが鈴木章斗です。

二回戦ではヴェルフェ矢板を相手に途中出場でチームの3点目となるゴールを決めた鈴木。

「あの時は4ー4−2になって、サイドハーフだったんですけど、やっぱり試合にスタメンで出られなかった悔しさもあったので、何がなんでも結果を残さないと行けないという気持ちで。ベンチから見て、この試合は点が取れそうだなという自分の感覚もあったので。

あそこでうまくヤマトくんが出してくれたので、シュートコースも見えて、決め切ることができてよかったなと思います」

そう振り返りますが、同世代のライバルたちが活躍する中で、リーグ戦でなかなか絡めていない、チャンスをもらってもものにできていない自分にもどかしさを感じているようです。

(残り 766文字/全文: 1149文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ