サッカーの羅針盤

【サックスブルーの歓喜】古川陽介が湘南戦で見せた新たな一面:少ない時間でもチャンスをもらった時に生かさないとダメ

ジュビロ磐田は天皇杯の3回戦で湘南ベルマーレに1−0で勝利。その中で古川陽介は後半29分から先制点を決めた黒川淳史に代わって入り、献身的な守備や積極的な攻撃を見せました。

これまではボールを持って仕掛けるプレーが目立っていましたが、この試合ではオフでボックスに入って、ジャーメイン良の折り返しからシュートに持ち込みかけるシーンも。限られた時間の中でも成長を見せようとしている古川陽介に聞きました。

 

ーー今日はリードした展開の中で、守りをしながらも自分でも結果を出すという向き合いが難しかったと思いますけど、どういう意識で入りましたか?

まずは守備から入って、しっかり固めてから自分の形が出せる時にしっかり持ち味出そうと考えていたんですけど。全然ダメでしたね。

(残り 984文字/全文: 1316文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ