サッカーの羅針盤

【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲急のJ1戦線の行方を探る(1)ここからの川崎をどう見るか

河治

天皇杯の3回戦で、アマチュア勢が全滅した2回戦とは打って変わって。

元川

サプライズが多かったね。なんでマリノスも川崎も負けてるの?

河治

浦和と札幌の負けはなんとなくセオリー通りというか、負けるべくしてみたいな感じでしょ。FC東京に勝った長崎はJ2の中でも地力があるしね。

元川

そうだね。最近の状況を見ていても予想は付くね。

河治

もちろんマリノスとか川崎も去年の天皇杯で苦戦してたりしてたから、起こりうるんだけど。要するにリーグ戦でトップを争っている2チームなので。それに比べると、鹿島がきっちり相馬新監督の大宮に3−0で勝利したというのも、中断期間に良いテコ入れもあったのか。京都戦でも中断前に見たようなアナーキーなやられ方をしなくて、1つチームが前に進む公式戦の2連勝かもしれない。

元川

やっぱり川崎は厳しくなってきたね。

河治

ただ、逆に言うと川崎は天皇杯に負けて、人員のやりくりは多少の余裕が出てくる。もうリーグ戦とルヴァンしかないから。

(残り 1742文字/全文: 2159文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ