【サッカー人気4位】選手層は厚いが狭い 打開策の少なさが浮…

サッカーの羅針盤

【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲急のJ1戦線の行方を探る(2)上位陣に忍びよる欧州クラブの影

元川

広島でやっぱり注目しているのは間違いなく前から守備に行ける。ジュニオール・サントス以外は全員だよ。ジュニオール・サントスは今ひとつだけど、あとの主力メンバーは素晴らしいよ。

河治

鹿島も中断明けで少しよくなったけど、広島と鹿島の違いというのは割り切って守る時は守るじゃん。

元川

うん。そうだったよ。

河治

攻めるときはガーって攻めるけど、もうここは引いた方がって思ったときはチーム全体でサッと引いて、5バックのブロックを作っちゃうでしょ。ウイングバックも下がって。そこで少しの時間耐えて、またタイミング見て出ていく。それを鹿島はあんまりやらなくて、攻め込まれると意図的に引くというよりゴテゴテになる。

(残り 1969文字/全文: 2266文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ