サッカーの羅針盤

【サックスブルーの歓喜】鹿沼直生と振り返る川崎戦(前編)飛び込んだらあっさり剥がされる感じがあった

 

ーー厳しい前半でしたけど、1失点でなんとか耐えしのいで、そこから守り方のオーガナイズも変えた中で、鹿沼選手はどういうイメージを持って入りましたか?

前半うまく相手のやりたいことをやられてしまって。どこのポジションにもほとんどプレスがかからず、やりたい放題やられていた感じで、取り所も無いなと。どうにか0で持って行ければよかったなという感じだったですけど、1点取られてしまって。

(残り 922文字/全文: 1115文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ