サッカーの羅針盤

【サックスブルーの歓喜】後半戦に向けて、伊藤彰監督が現場で大事にしていること:選手の成長が補強

 

移籍市場がオープンし、ライバルたちは残りのシーズンに向けて着々と夏の補強というものを進めています。今のところ表立った遺跡の情報がインアウトともに一件も無いジュビロも、この期間中に何かしらの動きhがあるはず。しかし、伊藤彰監督は後半戦に向けて、現有戦力にしっかりと刺激を与えることで、枯れたらの成長こそが補強になるように、現場レベルでは最大限の努力をして行く姿勢を押し出しています。

ーー後半戦に向けて、これまでのおさらいみたいな話になっちゃうんですけど、ジュビロを成長させながら勝率を高めて行くという方針だと思います。ただ、ガンバもそうですけど、下位と呼ばれるチームが必死に色々と変えたり、メンタル面もそうですけど、補強とかもしてきている中で、ジュビロはそこをどう上回っていきたいかというプランを今一度、整理して教えてください。

(残り 609文字/全文: 978文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ