【サッカー人気2位】新型コロナ対策 日独サッカー界の違いと…

「川崎フットボールアディクト」

【コメント】練習試合、新潟戦後の選手コメント。「全体を通したら全然悲観する内容ではなかったし、チャンスもあった」(西部洋平)+エウシーニョ+車屋紳太郎

nisibe

 

新潟を相手に、45分を4本の形式で練習試合が行われた。

試合は、1本目、が0−5。2本目が5−0。

3本目が0−1、4本目が0−0という結果に。

以下、3本目、4本目に出場した西部洋平、エウシーニョ、車屋紳太郎のコメント。

 

■コメント

▼西部洋平
――1失点がもったいなかったですね。
「そうですね。ボールホルダーのところがフリーだったということと、(谷口)彰悟と角(角田誠)の中ではああいうもたれ方をしたら一度下がろうということは言ってたみたいなんですが、もう少しうまくやれてれば対応出来ていたかもしれません」

――打ち合わせどおりに対応してれば違っていたかもしれないと。
「前で持たせた方が良かったかもしれませんが、結果論だからなんとも言えないですね。結局は失点してるので。だからぼくも自分でどこまで出てというのも、あっさりやられちゃってたので、そこはもう少し対応出来るようにはしないといけないかなという反省はあります。あの時間帯はああいうもたれ方をするのが多かったですね。前が戻りきれないで、中盤のヨコでフリーでパス出される場面が何回か続いたので、一試合通したらあると思うので、そこは課題だと思います」

――トータルで見ればそんなに危ない場面はなかった。
「そうですね。動かし方も結構うまく回していましたし、あとは攻撃のスイッチを後ろから入れられたらもう少し良かったかなと。ずっと同じテンポだったので、もう少しスイッチを入れてもいいのかなとは思いました。でも全体を通したら全然悲観する内容ではなかったし、チャンスもあったし。決めるところを決められるか、というところだとは思います」

 

▼エウシーニョ
――試合にうまく入れていたように見えたのですが、どうだったのでしょうか?
「昨日ちょっと足をひねって痛かったんですが、うまく出来たと思います。もちろん結果を考えれば残念なんですが、練習試合という形で、Jリーグ開幕に向けて、またこれからトレーニングをして、またゴールのチャンスがあればゴールを取って次のゲームには結果と共にいい内容でやっていきたいと思います」

――周りとの連携も良かったのでは?
「悠ともコミュニケーションを取りながらやってますし、角とも話をしながらやってます。またさっきも言いましたが、準備段階ですし、ミスを改善しながらJリーグが開幕したらそのミスが起きないようにやって行きたいと思います」

――もう少し攻撃参加できればと思ったのですが。
「さっきも言いましたが、足首を捻ってちょっと痛かったですし、自分の特徴ではありますが、そういう事をやりながらも、自分の特徴を活かすだけでなく、しっかりチームのためにやらないといけないと思うので、そのへんはやりながらうまく勝負しながらやって行きたいと思いますし、その中で特徴を活かせればいいと思います」

――クロスバーを叩いた惜しいシュートがありましたね。
「新潟のGKのすばらしいセービングがありましたからね。まあ、またああやって中に入りながら左で打つというのも一つの自分の特徴で、Jリーグが開幕したら、各試合でチャンスがあれば活かしたいと思います」
▼車屋紳太郎
「全然前よりはプレーの質は上がってきていると思うので、3月7日に向けて更にレベルアップできればと思います。今日はどちらかというと、自分のところまでそれほどプレッシャーが来なかった。でも実際にはもっとくると思うので、そこのところはフロンターレの練習でいつも厳しいプレッシャーの中でやっているので、そこは継続してやっていきたいと思います」

――後ろのつなぎで見えたものというのは?
「嘉人さんからボールを出すように要求されているので、後半はそれを意識して常に嘉人さんの位置というのは確認して、何回か嘉人さんにサイドバックからパスを出せたので、それは練習からやって行きたいと思います」

――健勇くんのようなタイプが真ん中に居ることについては、意識は変わるものですか?
「最後、はめられた時に、逃げ道としてああいう大きな選手がいると自信をもって蹴れるので、そこは助かります」

――守備でも頑張っていて、サポーターの気持ちをつかむプレーが前半の方にあったように見えましたが。
「そうですね。自分はルーキーなので、そこで気持ちを見せるプレーだったりというのは、自分がチームから求められていると思っています。その中でもただ、勢いでやるだけでなく、周りの選手にしっかり合わせてやりたいと思います」

――オーバーラップのタイミングは合っているのでは?
「嘉人さんが前にいるなら、おとりとしてもどんどん前に上がっていった方がいいので、そこはやりたいと思います」

――後半、船山くんが入って前に動きが出てきたという印象があったのですが、それについてみなさんはどうでしたか?
「あそこで収まるとやりやすいので、あそこで一つ時間ができれば後ろでも押し上げられるのでそこは助かりました」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック