【サッカーパック人気3位】 ファン感謝デー「LOVE GRAMPUS Festa 2019」開催!…

「川崎フットボールアディクト」

【J1 1st. 第15節 川崎vs湘南 レポート】中村憲剛が示した縦への意識がチームを救う(2170文字)

J1 1st. 第15節 川崎vs湘南
6月7日(日)(16:03KICKOFF/等々力/20,857人)
川崎 2-1 湘南

■先制されて、苦しい展開に
入らなかった攻撃のスイッチを入れたのは、中村憲剛だった。湘南が締めるゴール前の狭い空間に飛び込み、攻撃を動かした。コンディションは万全の状態ではなかったというが、チームを救う活躍だった。

試合開始時に、ボランチとして出場していたのは森谷賢太郎と谷口彰悟の両者。彼らのでき次第では、期せずして世代交代が実現する可能性もあった。しかしこの両選手はつなぎのパスでミスを連発。攻撃にブレーキをかけ続けてしまった。

苦しい試合に拍車を掛けたのが、前半開始直後の4分の失点だった。自陣の深い場所でロストしたボールを左サイドに展開され、最後は遠藤航がセンタリング。DFの前に飛び込んだ高山薫が膝で泥臭く合わせ、これを決めた。この失点によりフロンターレの試合運びは一気に厳しくなった。

(残り 1759文字/全文: 2160文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック