『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

「川崎フットボールアディクト」

【#オフログ】鼻中隔湾曲症-退院後1週間の経過報告

■退院初日 6月15日
退院時に気になっていたのが、鼻の腫れと、鼻血混じりの鼻水と、痛みでした。

特に鼻血混じりの鼻水は、インパクトが強いものなのでどの程度の強度の運動で出てくるのか確認しておこうと考えて、実行してみました。
まずは、安静にしていた入院時と比べどの程度出やすいのかをチェック。
試しに国領駅まで歩いたのですが、その間に鼻血混じりの鼻水が綿球の脇から垂れてきて「こりゃ駄目だ」と困惑しました。
最寄り駅から歩いて帰ったんですが、その間にマスクの内側は壮絶な出血劇になってしまいました。
痛み止めは朝8時頃に飲んでいたのですが、それが18時頃切れてきたのか、鼻が痛み始めたのでこの時間帯に服用しました。

ヘゴタローは、昼と夜に1回ずつ。まあまあ、気持よくなります。

鼻の腫れを収めようと、氷嚢を買ってきました。意味あるかな。

■退院2日目 6月16日
4時過ぎに一度目が覚め、6時過ぎに目覚めました。習慣は恐ろしい。
朝起きた時には鼻はカラカラの状態でした。
ただ、体を起こすと左側に違和感が出てきした。
入院中は、シャワーを浴びるとすぐに鼻血が出てきましたが、今回はどうなのか試してみたところ、ほぼ、問題ありませんでした。
出血と鼻水が収まりつつあるのかもしれません。

鼻の腫れは、だいぶ収まったように見えます。

麻生取材を再開。取材したのは午前練習のみでしたが、やはり鼻血混じりの鼻水が出てきて大変でした。
取材帰りに、かかりつけの耳鼻科で検診してもらい、鼻腔内の写真を撮影。説明を受けました。左右の鼻腔について、綺麗に施術されていると言われ、今ある傷の状況の解説もしてもらい、安心した次第。また出術した部分については、確かに手術前と後とでは、まだ治癒の途上にある段階ではありますが、明らかに良くなっていることがわかりました。

鼻血混じりの鼻水が出るという現状については、そういうものだとの説明を受け、こちらも納得しました。

この時に綿球を少しほぐして入れるという高等テクニックを教えられ、実行。確かに鼻血混じりの鼻水が漏れ出て来にくくなりました。そういう点でも訪問してよかったです。

■退院3日目 6月17日
相変わらず朝早く目覚めたので、鼻のメンテナンスを行いました。
「日を追うごとに良くなる」というかかりつけのW先生の話のとおり、たしかに朝の息苦しさが軽減されている気がします。
ほぐし綿球で取材に出ますが、今日はわりと長時間、鼻水を防いでくれました。
ただ、取材終盤になるとさすがに鼻声で、ただでさえ滑舌が悪いのにさらに聞き取りにくい言葉になってしまっていたので、取材の合間に綿球を交換しました。

午後3時頃、マクドナルドでフィレオフィッシュとコーラゼロを食事代わりにしたあと、退院後に処方された薬を服用した所、息苦しさを感じ始めたのが気になるところ。マクドナルドの揚げ物に使われているというトランス脂肪酸のことが頭によぎりましたが、まあ違いますね(笑)。

■退院4日目 6月18日
早寝早起きのリズムがまだ残っているので、しばらくこのバイオリズムで生きていこうかと。
朝、3時過ぎに一度目覚めるのですが、息苦しさを感じたため。
綿球が鼻に詰まってるということもあるのかもしれませんが、呼吸にはさすがに難ありです。
午後練習の取材に出かけましたが、取材中に綿球に鼻血混じりの鼻水が絡まってきて大変でした。

最近は朝晩のヘゴタローが待ち遠しい日々です。何しろスッキリします。
生理食塩水の自作が面倒だと感じていましたが、今では慣れました。
水1リットルに塩9gを混ぜて煮沸するだけです。

ネットで検索すると、煮沸せずペットボトルに水と塩を入れて振るだけで作る製法なども見られます。ぼくの場合、鼻の中に傷があるので煮沸しますが、花粉症対策など、鼻腔内洗浄の目的で使う場合は煮沸までする必要はないのかもしれません。

生理食塩水を使う理由は、鼻が痛くなるから。真水を使うと浸透圧が違い過ぎるため、鼻が痛くなります。生理食塩水を使うとそれがありません。実際の所、退院してから使い続けていますが鼻は痛くなりません。日常的に鼻が詰まってる人は、ヘゴタローオススメします(笑)。

■退院5日目 6月19日
取材に行くと、両方の鼻が詰まるくらいに鼻血混じりの鼻水が出てくる毎日でしたが、取材に行かず家で安静にしていたこの日は、さすがにそれほどつらくはなかったです。

ヘゴタローの鼻洗浄でも血の塊がボテッと出てくる事もなくなり、かなり普通の状態に戻りつつあります。
ただ、気になるのが蓄膿症の時っぽい鼻の匂いを感じ続けているという点。結局これが解消されれば、手術の傷からも完治したということが言えるのかなと思っています。

■退院6日目 6月20日
松本戦の当日で取材に出ましたが、退院後に初めてマスクをせずに外出しました。出血はほぼ収まり、見た目は普通に取材できていたようです。ただ、鼻の奥は詰まっていたということ。また、鼻血混じりの鼻水が時折出てきていたので、その都度拭きとっていました。

最近ちょっと気になるのが、息苦しさを感じてたということ。これを除けば徐々に元に戻ってきた感じです。

取材後、ヘゴタローをやったところ、血はほとんど出ず、色付きの鼻水が出てきただけでした。そういうことからも、傷口はほぼふさがってきたのかなと思います。

■退院7日目 6月21日
退院から一週間。綿球も不要になり、鼻の腫れも治まりました。
まだ、軟骨を削った場所を補強するためのシリコンプレートが入っており、右側の鼻から目の下にかけて小さな痛みがありますが、耐えられないレベルではありません。

鼻の臭いもほぼなくなり、あとは24日に術後の措置を行って手術は終了という事になりそうです。

ということで、術後1週間の経過報告でした。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック