『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【J1 2nd. 第16節 浦和vs川崎 速報レポート】逆転のチャンスも、決めきれず。1−1で終了

■ミスからの失点を森谷賢太郎が挽回。拮抗した試合は1−1で後半へ
大久保嘉人の穴を船山貴之で埋め、森谷賢太郎を起用。中村憲剛をトップ下に配して臨む。

お互いに集中して入った試合は、共にゴール前までボールを運ぶ形を作れており目が離せない展開となる。
攻撃のスタンスは横幅を使う浦和に対し、前後に揺さぶるフロンターレという違いを見せていて興味深かった。
例えばフロンターレは、車屋紳太郎がエリア内に入る場面が複数回見られ、ゴールが近づいていた。

失点はオフサイドのFKを西川周作→ズラタンと繋ぎ、興梠慎三に決められたもの。
谷口彰悟の対応が一拍遅れ、裏を抜かれた形だった。

しかし前半終了間際に同点ゴールが生まれた。
中村憲剛→大島僚太タテに繋ぎ、大島からのパスをエリア直前で貰った森谷賢太郎が反転して技巧的なシュート。西川の手の先をかすめ、ゴールが決まった。

失点は残念だったが、得点力を示せたのは心強い。面白い試合ができており、逆転ゴールを狙う後半も楽しみだ。

攻撃時には3−4−3

ーーーーーーー船山ーー小林
ーーーーーーーーー中村ーーーーー
中野ーーーーー森谷ーー大島ーーーエウシーニョ
ーーーー車屋ーーー谷口ーー武岡
ーーーーーーーーー新井

守備時には5−2−3

ーーーー船山ーーー中村ーーー小林
ーーーーーーー森谷ーー大島
中野ーー車屋ーーー谷口ーー武岡ーーーエウシーニョ
ーーーーーーーーー新井

■後半

立ち上がりから船山に代えて田坂祐介を投入。これで全体的な運動量が向上し浦和を押しこむ。

1対1のまま推移した試合はホームの浦和が勝利を狙って終盤に前がかりに。
フロンターレは、その間隙を縫ったカウンターを狙いエリア内にまで持ち込んでシュートで終わる場面を作る。ただ、決めきれず。

勝てた試合だとも言える一方で、浦和の武藤雄樹に1対1を2度作られており、そういう意味では負けずに済んだ、という試合でもあった。

結果的に試合は1対1で終了している。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ