遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

「川崎フットボールアディクト」

【麻生レポート】桐蔭横浜大学との練習試合は8−0で終了

12月12日に行われた桐蔭横浜大学との練習試合は8−0での勝利で終わる。

試合は30分を3本の形で行われ、負傷者を除く若手選手中心の陣容で進められた。

得点者は以下のとおり。

1本目は3−0。得点者は杉本健勇と三好康児、船山貴之。
2本目は3−0。得点者は中野嘉大と船山貴之、船山貴之(船山は2得点)。
3本目は2−0。得点者は杉本健勇、橋本晃司。

なお、フォーメーションは4−3−3で、練習参加中の大塚翔平はトップ下で出場しアピールした。

練習試合を終えた大塚は「周りが上手かったので、合わせるだけでした。やりやすかったです」と述べつつ「自分が武器にしているようなものは出せました」と振り返る。また大久保も「テクニックはあるよね」と評価していた。

なお、登里享平とは小学校時代に大阪選抜で上海遠征に行ったもの同士だということで面識もあり、練習後にノボリが最寄り駅に送っていた。

このまま契約を勝ち取れるのかどうか。見守りたいところだ。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック