Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】ナビスコ杯 GL 第6節 川崎vs仙台 仙台の追撃をかわし、2ー1で勝利

■大塚翔平のゴールで、先制。1ー0で後半へ
ものすごくいいわけでは無いが、悪くも無いたちあがり。
ボランチの橋本晃司と狩野健太のコンビがボールを受けられる位置に常に顔を出してリズムを作り、前線にパスをつなげた。

前半半ばごろから前にプレスをかけてくる場面が見られ、1回危ない状況を作られたが安藤駿介のファインセーブでしのぐ。

終了間際に大塚翔平が移籍後初ゴールを決めて、1ー0で前半を折り返している。

■勝ち切る
後半開始早々に大塚翔平が追加点を決めてリードを広げる。
その後もペースを掴みつつ3点目を狙う。
試合展開も悪くはなかったが、仙台の攻撃的な交代采配でリズムを奪われてしまった。
PKで1点を失ってからは苦しい時間が続いたが、そのままリードを保ち、2ー1で勝利した。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック