【サッカー人気5位】【練習試合:名古屋vs横浜FC】レビュ…

「川崎フットボールアディクト」

【コラム】退院した奈良竜樹。「ぼくはまだ内心諦めてない」と五輪への思いを語る

■五輪は諦めず
5月28日に、奈良竜樹が麻生に戻ってきた。5月14日の神戸戦で左脛骨を骨折した奈良は、その日のうちに入院し治療に専念していた。その奈良が2週間ぶりに退院し、クラブハウスに姿を現した。この28日は上半身のウエイトトレーニングを中心に体を動かしたというが、ここから徐々に体を作っていきたいと話す。

その奈良の全治は4ヶ月と発表されていた。もちろん誰もが8月に開催されるリオ五輪は絶望的だと考えたが、一人、奈良だけは希望を捨てていなかった。

(残り 1404文字/全文: 1627文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック