『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【麻生レポート】大島僚太が、別メニューながら練習を再開

大島僚太が18日、別メニューながら練習を再開させた。

ブラジルから帰国した大島は、インフルエンザのため療養していた。

体調を崩したのは13日のことで、ブラジルからの帰国便の中で咳が出始めたという。最も高熱になったのが14日で、39度6分まで発熱。15日の診察で、B型のインフルエンザに罹患していたことが判明したという。

18日の時点では、熱は下がっているが、咳がまだ出ている状態だとのこと。

また18日までは人との接触を避けなければならないということで、全体練習後にクラブハウスを訪れ、他の選手と接触しないように気をつけながら一人で体を動かした。約6日ぶりの練習を終えた大島は「体はきつかったですが、久しぶりに体を動かせてすっきりしました」とコメント。

20日の浦和戦に向けては「どうなるかわかりませんが、まずは自分自身のコンディションを上げて行くのが前提で、体調の回復を最優先させたい」と話し、19日のコンディションを見つつチームと相談して合流の可否を決めるとのことだ。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ