【サッカー人気2位】【松本山雅】[元悦対談]新コーチ・三浦…

「川崎フットボールアディクト」

【コラム】若き才能を育む

初めて中島翔哉に話を聞いた時のことは今でもよく覚えている。当時高校3年生ながら東京Vとプロ契約していた中島が、J2ながらJリーグ史上最年少ハットトリックを決めた試合後のことだ。

栃木を相手に偉業を達成した中島は、祝福の言葉とともに質問を投げかける報道陣に対し堂々と受け答えした。当時18歳の中島の、幼さの残る面影とは裏腹の、むき出しにしたゴールへの貪欲さが印象に残った。こういう選手がストライカーと呼ばれる職種に就くのだろうと思った。

つい先日行われたルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)準々決勝のFC東京対福岡戦で、その中島がFC東京に先制点をもたらす一方、福岡は試合終了間際に同点ゴールを奪い1−1に持ち込んだ。貴重なアウェイゴールはゴールライン際でボールをキープした冨安健洋の粘りと、そこからの折り返しがポイントになった。

(残り 1079文字/全文: 1440文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ