【サッカー人気4位】【嶋コラム】阿部要門の背中を押した山形…

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第1節 大宮vs川崎 守備陣の集中力に、攻撃陣がゴールで応えた

■大宮のハイプレスに手こずる前半
大島僚太をケアする大宮の中盤のプレスはかなりの圧力で、全く自由を与えてくれなかった。コンパクトな大宮にパスワークは思い通りに繋がらず、パスミスが頻発した。

田坂祐介がオーバーラップした何回かの場面や、大宮の選手をものともしない中央からの崩しで何度か攻め込むが、決定的な形でのシュートは打てず。

逆に失点してもおかしくない場面を作られており、薄氷を踏む思いの前半だった。

0−0で迎える後半に、巻き返しを期待したいところ。

■しぶとく、勝ち切る
後半、縦パスをカットされる場面が目につく。中を閉められており、大宮は外を使わせたかったのかもしれない。

前線にパスが入らず苦しむが、森本貴幸の投入後、右サイドが安定。
CKで奪った先制点を死守しつつ、試合終了間際の中村憲剛の追加点で勝利を決めた。
苦しい試合ではあったが、こういう試合を拾えたのは収穫であろう。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック