『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】ACL GL 第3節 広州恒大vs川崎 敵地で同点ゴールを奪い取る強さを見せる

■カウンターで1点を失うが、反撃のチャンスは十分
前日の練習中に田坂祐介が右足の甲を打撲し、急遽ベンチ外に。その影響で、井川祐輔を右サイドバックで起用するという予定外の布陣で試合に臨まざるを得なかったという背景があるにせよ、前半は悪かった。

序盤から簡単なミスが連続。特に板倉滉、ネットのボランチコンビがリズムを作れず、ボールを握りきれなかった。

とは言え、持ち前のパスワークで相手ゴール前まで攻め込む形は何度か作れており、必要以上に気落ちする必要はない。屈辱的な表現に聞こえるかもしれないが、決定機を作られ続けながらも1失点でしのげたことを後半に繋げてほしいところ。まだまだ挽回の余地は十分あると考える。

■土壇場で同点に
1点リードしたという状況もあるのだろうが、広州恒大の前に出る力が多少弱まる後半はフロンターレのペースに。
ある程度自陣に引いて時間をやり過ごしつつ、パスミスを誘ってカウンターを狙う広州恒大に対し、フロンターレが分厚く攻め続けた。

後半終了間際には、今季あまり見られなかったペナルティエリア内のパスワークで裏に抜ける形を連発させ、後半アディショナルタイムのPKに繋げた。

PKキッカーの小林悠がど真ん中に蹴ってコレを決め、土壇場で同点に追いつく。勝ち点3までは奪えなかったが、けが人が続出する中、貴重な勝ち点1をてにした。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ