『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【麻生レポート】復帰時期を探る武岡優斗

武岡優斗が、3月14日にインスタグラムに写真を投稿し、すでにスパイクをはいていることを明らかにしている。

武岡は昨年11月10日に左膝の手術を行い全治4ヶ月の診断を受けていた。
この治療期間が経過した武岡に、現在の状況について話を聞いた。

「スパイクは8日からです。ようやくトンネルの出口が見えてきました。すでに手術から4ヶ月は経過しているのですが、膝の状態を見ながらリハビリを進めています」と話す武岡は、ただしまだ予断は許さないとの姿勢を崩していなかった。

「負荷を上げていったときに、次の日にどんな反応が出るのか。今はまだ怖さがありますね。痛かった記憶を脳が覚えているので、ここから先に行くと痛いな、というところで体が反応してしまう。そういう痛みの怖さを、1つずつクリアしていく過程を進んでいます」

(残り 550文字/全文: 1156文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ