『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第4節 FC東京vs川崎 0−3で初黒星。ミスをきっかけに崩れる

■保持率で圧倒しながらも得点までには至らず。0−0で後半へ
序盤のプレスの掛け合いは、フロンターレが制した形。前線からのプレスに対し、キープしきれないFC東京がロングボールで逃げると、これを中盤の選手が回収して2次攻撃に繋げた。

分厚く攻め続ける前半ではあったが、最後の崩しの精度が上がらずボール保持率ほどには決定機は作れず。ただ、フロンターレも時折FC東京が見せる鋭いカウンターを跳ね返し、無失点。

前半のペースを維持できるかどうか。注目される後半となる。

■ミスからの手痛い失点から崩れる
多少ペースダウンしたとはいえ後半も試合を握っていたのはフロンターレだった。
ただし、若干フラストレーションの溜まるフエを吹かれてしまい、リズムを崩した形。

パスミスで始まったカウンターで、先制点を奪われたのが悔やまれる。
フロンターレキラーのウタカに追加点を奪われると、試合終了間際には大久保嘉人の今季初ゴールを決められて力尽きた。

0−3で今季初黒星となった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ