『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【コラム】ゴール後の謝罪について語る大久保嘉人「そういうときに限ってフロンターレで」

フロンターレ時代の大久保嘉人は、古巣相手のゴール時に喜ぶことはなかった。嬉しいはずのゴール後も、集まるチームメイトに対し、淡々と、ときにあしらうかのような冷静さで喜びを噛み殺しているように見えた。

その大久保が、多摩川クラシコの後半アディショナルタイムのゴール後。一目散にFC東京サポーターが待つゴール裏に走った。試合を決定付けるダメ押し弾で、かつ移籍後初ゴールだ。素直に喜んでいるのかとも思ったが、よく見るとサポーターに対し両手を合わせ、謝るような仕草を見せていた。

試合後、その行動について問われた大久保は「謝るために、点を取らないといけないので」と振り返る。

(残り 495文字/全文: 775文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ