【サッカーパック人気4位】 【カワサキうぉっち】上位対決の熱戦の多摩川クラシコで”完勝”のフロンタ…

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第6節 川崎vs甲府 先制点を奪われる中、際どく1−1のドローに持ち込む

■甲府を攻めあぐねる前半
パスはつなぐが、甲府の守備ブロックに跳ね返され続けるという展開。大島僚太のスタイルでチューニングされている中盤に、その大島がいないのだから致し方ないところもあるが、攻めあぐね気味な印象が強い。

相手の懐に入っていけないため、どうしても無理な縦パスが増える。そのため攻撃も単発になってしまっていた。

後半の巻き返しに期待したいところ。

■後半アディショナルタイムの失点から挽回するが
少し後ろに重たい前半を修正し、後半から最終ラインを4枚に変更。攻撃を意識させる。
ただ、どうしても甲府の守備ブロックに入り込むことが出来ず苦しむ展開に。

途中、チョン・ソンリョンが接触プレーで顔面を強打したため、交代カードを1枚使わざるを得ないというアクシデントもあるなか、後半アディショナルタイムに先制点を許してしまった。

ただ、そこから迫力十分の反撃を仕掛けると、CKから奈良竜樹が同点ゴールをねじ込んで1−1とした。

その後、逆転ゴールを狙ったフロンターレではあるが、最後まで追加点を奪えず。悔しい引き分け決着となった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック