『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】ACL GL 第4節 川崎vs広州恒大 後半にペースを掴むが、得点にまでは至らず。引き分けに終わる

■両チームともミスが頻発。0−0で後半へ
田坂祐介が復帰し、4バックに戻して臨んだ試合は、3本とパスがつながらないミスの連続でリズムが全く作れないまま進む。

特段相手がハイプレスに来ていたというわけでもなく、単純なミスだと思われるが、それにしてもあれだけミスが連続すると試合は作れない。

とはいえミスが多いのは広州恒大も同じで、そういう意味でともにぴりっとしない前半となった。

■ペースは掴むが
鬼木達監督は、後半開始から中村憲剛をピッチに。

その憲剛が試合に馴染んでからは広州を押し込む展開が続いた。ある程度まではボールを運ぶのだが、バイタルエリアの先で広州を崩しきれなかった。

ペースを奪われた広州は時折打つカウンターに活路を求めるが、これも守備陣がいい火消しを見せて決定機にまでは繋がらず。

結局スコアは0−0のまま動かず、引き分けの結果となった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ