『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【コメント】発災から1年が経過した熊本地震について「1年たちましたがまだまだ終わっていない」(谷口彰悟)

1年前の4月14日に熊本地震が発災。M6.5の前震に続き、2日後の16日にM7.3の本震が起きている。いまも5万人近い被災者が仮設住宅などでの生活を余儀なくされており、元通りの生活に戻れていない人も少なくない。
こうした状況を踏まえ、熊本出身の谷口彰悟に話を聞かせてもらった。

写真はACL広州恒大戦の前日会見の時のもの

◯谷口彰悟
--熊本地震から1年が経過しましたが、その件で何かあればお願いします。
「そうですね。1年たって、元に戻りつつある人達と、まだまだ全然自宅にも帰れてないというか、元の生活に戻れてない人というのがまだ数多くおられると聞いているので、そういった面では1年たちましたがまだまだ終わっていないということ。ぼくは家族は無事でしたがまだ地震が起きたりしていますし、そういうところは心配です。
地震から1年たって関わり方というか、支援の仕方というのは多少変わってきたりとか、そういうこともあると思うので、現地の人とコミュニケーションを取りながら、ぼくらができることがあればやりたいという思いは常に持っています。積極的に動けるところは動きたいと思ってます」

--何か具体的に決まってることはありますか?
「それは特にはありませんが、考えてることはあるので、それを実行できればいいかなという感じです」

--やるとすれば車屋くんとですかね。
「できればやりたいですけどね」

--向こうから何も要請がないというのはそれなりに自立できている人も増えているということなんですかね。
「それはたぶんそうかなと思います。でもまだまだという人もたくさんいるので、それは難しいところだと思います」

--報道されてないだけで、まだまだ益城町とかも酷いみたいですしね。
「まだまだ酷いらしいですね。解体作業が終わってないところもあるみたいで、そういうところはまだまだ厳しい状況かなと思います」

--避難所ぐらしの人は5万人くらいはいるみたいですよ。
「まだまだ住める状況ではないところもあると思います」

--ご実家は大丈夫ですか?
「大丈夫です。でも、更地にして、なので建て直しという感じです。実家があるのは東区で、震源地には近いです。今はまだ両親は仮住まいという感じです。近いうちに建て始めるみたいですが、やっぱり実家が無くなるのは悲しいですしそれを見に行ったときは結構ショックでした」

--あんぱん祭りしたイトーヨーカドーさんも熊本の物産展をしてくれたりしてて。
「そうですね。本当にありがたいですね」

--コメント、ここまで--

■関連リンク

Yahooが実施している熊本に関する募金の一覧
https://docs-donation.yahoo.co.jp/report/kumamoto.html

【#オフログ】熊本の現状、益城町や阿蘇神社など 写真(41枚)
https://www.targma.jp/kawasaki/2016/07/06/post7004/

■車屋紳太郎
家族を迎えに行くということで大慌てで帰った車屋紳太郎からはコメントは取れませんでしたが、彼からのツィートがあるので紹介します。

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ