【サッカー人気4位】アンタッチャブルではない「Jリーグ史上…

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第9節 C大阪vs川崎 0−2の完敗

■前線にボールを運べず、苦しむ前半
中盤で思うように作れず、大塚翔平がポジションを下げてヘルプ。ただ、そうすることで前線の枚数が足りなくなってしまい、前線でボールを保てなかった。

一方的に攻められ続けるなか、ボランチで先発の谷口彰悟が試合途中に最終ラインに下がり、3バックにシステム変更。後ろを固めざるを得ない展開に。

前半終了間際にPKを獲得するが、小林がこれを決めきれず。ただ、前半の内容を考えれば0−0のスコアはフェアだとも言える。

後半の巻き返しに期待。

■後半2点を失う
後半頭からボランチに入った板倉滉が、ボールを跳ね返すことで押し込まれる場面が減少。序盤は前への圧力を見せたが、徐々にC大阪のペースに。
先制点は、清武弘嗣からのパスを受けた山村和也の鋭いシュートを突き刺されて。
1点のリードを持って5バックにシステムを変更したC大阪を攻め立てるが、逆に試合終了間際にカウンターから清武に決定的な2点目を喫し、そのまま敗戦となった。

圧倒されての悔しい敗戦となった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック