『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 U20ワールドカップ韓国2017選出について 「大会で何を残せるのかが一番大事」(三好康児)/「(三好とともに)アカデミーの子たちにいい姿を見せられたらなと思います」(板倉滉)

U20ワールドカップ韓国2017を戦うU20日本代表に選出された三好康児、板倉滉の両選手が発表後に取材対応しました。以下はそのコメントの抜粋になります。

■コメント

◯三好康児
--選ばれた率直な感想は?
「まずは選ばれたので嬉しいという部分はありますが、決まったのであとは大会でどれだけ結果を残せるのかというのが一番です」

--選ばれるのか、という不安は?
「無いわけじゃないですが、選ばれなかったら選ばれなかったということですし、選ばれれば頑張るという部分で。だからそんなに気にしてなかったわけじゃないです」

--ホッとした感じですか?
「ホッとしたというよりは出て何ができるのかということだと思うので。選ばれたことはすごくうれしいですが、結局選ばれて試合に出られなかったら意味ないですし、大会で何を残せるのかが一番大事なので。ここからだなという気持ちが大きいです」

--板倉くんと同時に選出されましたが、それについては?
「滉とは、常にアカデミーの頃からそういうところを目指してやってきてますし、今回ふたりとも入ったのはそういう努力の部分もあったと思いますし、このチーム(フロンターレ)に育ててもらったという部分もある。選ばれただけでは何も残せてないので。まずは結果を残すという部分でチームにいい報告ができればなと思ってます」

--チームメイトからは何と言われましたか?
「まずはおめでとうと言ってもらいました。でもチーム事情もあるので、早く帰ってきてね(笑)と冗談で言われました。冗談ですよ(笑)」

--見せたいもの、試したいものがあれば。
「前回のU17のときにワールドカップに出させてもらって、なかなか個人として何かを残せたかというと、そんなに何もできていないという印象なので。今回はより得点の部分で関わっていければと思ってます。ただ、かといってそれだけになってもチームは回らなくなるので。チームを一番に考えた上でのプレーを選択をしていきたいですが、でもプロとしてやる分、すごく注目されますし、それがその先につながる大会だと思うので。そこは強く意識してやっていければと思っています」

--U17はラウンド16でしたが、今回はどこを目標に?
「もちろん17のときもそうでしたが、やるからには一番上を見てますし、特に日本はワールドユースで準優勝まで行ってるので、そういった歴史があるというのは自分たちもしっかり受け継いでいかないといけないですし、その先を見ないといけないと思ってます。もちろん優勝は狙いますが、まずは現実を見ないといけないので。初戦だったり、リーグ突破が一番の課題になると思います」

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ