「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第14節 横浜FMvs川崎 カウンターから失点を重ね、0−2で敗戦

■堅い展開の試合は0−0で後半へ
もう少し握る展開を予想していたが、横浜FMの前線からのプレスを思うように剥がしきれず。横浜FMは、まずはウーゴ・ヴィエイラが高い位置から守備をはじめ、前線の3枚がこれに連動。フロンターレの攻撃のスピードを殺してきた。
とはいえキープできた時の分厚さはいつもどおり。中央にこだわらず、左右のサイドも使いながらゴールを目指した。

横浜FMのカウンターに少々手こずったが、最後のところで体を張った守備でゴール死守。0−0で前半を折り返している。

■後半2失点
後半開始早々にJリーグでは4試合ぶりの失点を喫すると、そこから浮足立った状態に。押し込まれる時間が10分ほど続くが、これをしのぎ逆襲に転じる。
中を固める横浜FMに対し、サイドを広く使った攻撃を見せる。80分には途中交代出場の登里享平からのクロスを阿部浩之が押し込むが、これはオフサイドの判定。ただ、横浜FMの堅さに手を焼いていただけに崩せそうな手応を感じたのは事実。だからこそこの直後のカウンターからの追加点が痛かった。試合は結局0−2で終了。敵地で4連勝を飾ることはできなかった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック