【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

「川崎フットボールアディクト」

【レポート】天皇杯2回戦 川崎vs栃木ウ 田坂祐介、長谷川竜也がゴール。守備陣が完封し2−0で勝利。群馬との3回戦へ

■栃木ウの守備
前半のうちに試合を決められれば、という言葉が出ていた事を考えると、29分の先制点は必ずしも早い時間帯だったとは言えなかった。

ボール自体は保持し続けておりペースもつかめていた。ただ、ゴールだけが遠かった。嫌な空気が蔓延しかねない展開になりつつあったからこそ、田坂祐介が蹴り込んだ見事なロングシュートが試合を落ち着かせてくれた。

もう少しベタ引きして守るのかと思っていただけに、それだけではない栃木の守備は意外だった。ラインを上げ、前からプレスをかけて高い位置でボールを奪おうとの意図が見える守備だった。

(残り 1882文字/全文: 2138文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ