【サッカーパック人気1位】 1年半かけて積み上げてきたマリノスのアタッキングフットボールはどこへい…

「川崎フットボールアディクト」

【レポート】天皇杯4回戦 川崎vs清水 森本貴幸のハットトリックを演出した板倉滉の2アシストなどで清水に快勝。ベスト8入りを決める

■中央突破
先制点の森本貴幸へのラストパスは見事だった。流れの中でボールを前方に持ち出した板倉滉は、相手を外しつつ冷静に状況判断していた。

「前に運んだ時にモリくんがいい動き出しをしてくれて、そこにしっかり出すことができて良かったです」と話す板倉は、前方に持ち出した理由として「ボランチと同じくらいの位置でボールを受けた」ことを挙げている。ちょっと高い位置だったというこの場面。板倉は前方のスペースや、相手のプレスなどを把握。ボールを止めるべきか考えた上で前に運ぶ決断をしている。

落ち着いて持ち出したドリブルの仕上げが森本へのパス。この一連の攻撃をゴールにした森本は「練習でいつもやってるような感じだったので。練習通りでした」と答えている。

(残り 1565文字/全文: 1883文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック