「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第29節 川崎vs仙台(中村憲剛)「一つポイントを上げるとすれば0−2になった時に(試合を)投げたやつが誰もいなかったということ」

J1 第29節
10月14日(土)(15:03KICKOFF/等々力/18,892人)
川崎 3 – 2 仙台

◯中村憲剛
――忘れられない試合になりましたね。
「一生忘れませんよ。こんな試合!こんな試合ってのは褒め言葉ですよ(笑)。勝ったのでね」

――酷い前半でしたが、何が起きてたんでしょうか?
「正直オレも、ん?という感じでしたけどね。守備のところも前は行くけど真ん中、後ろが付いてこなかったり、攻撃も顔が出てこなかったり。向こうの出足が良かったことを差し引いてもそれを上回れなかったというところはあったので。ただ、時間をしっかりかければ最後まで行くシーンもありました。だから何かハマらないな、というのは正直ありました。

だからルヴァンの時のいいイメージもありましたし、相手も変わってるところでボールのつなぎ方も多少変わってましたし。あとは運動量が向こうは純粋に多かったので。そこはこっちが単純に劣ってたなというところはありました。それで(家長が)退場して、失点してというところで。まあ、仕方ないので。それは事実なので、ハーフタイムに多少戦術的なところと気持ち的なところをオニさんが整理して臨んで。

逆に後半は剥がされても前から行くというところで、そういう一体感は前半にはなかったので。後半はそういう意味ではポジティブに。

2点目は取られたんですが、守備に関してはまず一人が行って、それに連動するということはできてた。もちろん届かないところはあったんですが、それでもそれを越されればみんなで帰ってボールを取ってカウンターに行く。途中で取られてももう一度みんなで戻ってやり直すという一体感はあったので。だからチャンスというか、ゴール前まで行ける回数は増えましたしどこかで点が入るかなというのはあったので、それがちょうどエウソンの1点でね。向こうもガクッというか、やっぱり前半から飛ばしてたので。一人少ない状態でしたが、こっちの方が走れる状態になったので。行けるかなというのは個人的には感じてました。2点取った時はこれは逆転まで行けるだろうと。そういう等々力の空気が凄まじかったので。

(残り 1862文字/全文: 2740文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ