【サッカー人気2位】J1リーグ第3節:輝きの神セブン

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第31節 柏vs川崎 知念慶のゴールもあり、0−2から追いつくが勝ちきれず

■ピッチコンディションに試合内容が左右される前半は蹴り合いに
なかなか新鮮ですね、こういう試合も。

荒天のため、というよりは水はけの悪いピッチのため、30分順延して行われた柏戦は序盤から蹴り合いの試合に。

それはそれですごいと思うのは、両チームとも悪いピッチコンディションに順応した戦いだったから。技術水準が高くなければ実行できないサッカーで、両チームの工夫が見て取れた。ただ、内容的には見るものは殆どなかった。
終始柏が押し込む展開になるが、馬力のあるブラジル人選手がうまくボールを保持できたからで、サッカーの質という部分は語れないような展開だった。

0−0で折り返した前半を踏まえ、どういう試合運びを指示するのか。後半の戦いに注目したいと思う。

■執念を見せる
森本貴幸を入れて前線に起点を作る、という采配がハマり、後半はフロンターレペースで進む。ただ、CBにミスが連続しきっちり2失点。窮地に追い込まれる。

ピッチの悪さを含めても敗戦を覚悟する展開ではあったのだが、選手たちはここで諦めず、戦い続けた。

その結果として70分の知念慶、90分の小林悠のゴールが生まれた。

後半アディショナルタイムにも決定機はあったが、これを決めきれず。結局2−2で試合を終えることとなった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック