【サッカー人気2位】【松本山雅】[元悦対談]新コーチ・三浦…

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】ルヴァン杯決勝 C大阪vs川崎 ゴールを奪えないまま逆に追加点を奪われ、0−2で敗戦

■試合開始直後のミスで失点。0−1で後半へ
前半開始直後に失点。このレベルの対戦では、ゴール前のミスが即失点につながることを改めて思い知らされる展開に。

C大阪は序盤こそ前からプレスを掛けてきたが、前半の中頃以降は前線に柿谷曜一朗を残しゴール前にブロックを作り守備に徹した。

C大阪が意図的に開けてあるサイドに展開しつつ攻略を試みるフロンターレは、単純なクロスではなくしっかり人数をかけて崩せておりチャンスがないわけではない。時折打ってくるC大阪のカウンターをケアしつつ、まずは同点に追いつきたいところ。

■0−2で敗戦
追いつけそうで追いつけない。
中を閉める相手に無理に突っ込まず、しっかり丁寧にサイドを使って崩しにかかるが、後半立ち上がりにパワーを掛けてきたC大阪の守備に少々手こずる。
とは言え後半も終始ペースはフロンターレが握っており、シュートチャンスも作っていた。
ただゴールだけが決まらない時間が過ぎ、最後はパワープレーに。

エドゥアルドを前線に送り出し、中村憲剛がCBの位置にポジションを下げて同点ゴールを狙ったが、逆に後半アディショナルタイムに決定的な追加点を奪われて万事休す。

0−2で敗戦し、タイトルにはまたも一歩届かなかった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ