【サッカー人気3位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

「川崎フットボールアディクト」

車屋紳太郎が居残りでシュート練習【麻生レポート】

22日の全体練習後、車屋紳太郎が居残りのシュート練習に加わった。普段はあまり見られない姿だったこともあり話を聞いた。

「シュート(が目的)というよりはキックの感触です。一番意識していたのはどこに当ててどこに飛ばすのかということです」

具体的には「普段はあまりインステップで蹴ることが無いですしそういうキックの感覚を掴めればなと思ってやってました」ということだったようだ。

クロスを蹴る場合、通常は親指のあたりにボールを当てるインフロントキックと呼ばれる種類のキックを使うことがほとんど。

足の甲に当てるインステップの場合、ストレート系のボールになるためあまり使う機会は多くない。ただ、全く使わないキックというわけでもない。

今シーズンの残り2試合で、車屋がインステップキックをどれだけ使うかはわからないが、何があるかもわからない。万が一を想定した練習だった。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ