『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

「川崎フットボールアディクト」

小林悠のトリプル受賞は歴代5人目の快挙【レポート】

2017Jリーグアウォーズにおいて、小林悠がリーグ優勝メンバーとして得点王を獲得するという栄誉に加え、最優秀選手賞(MVP)のトリプル受賞を果たした。
これは歴代5人目の快挙となる。

その小林はベストイレブンの受賞会見の席上「全試合出られたこと。そこはトレーナーの皆さんに感謝したいです」と述べてケガなくプレーできた1年を振り返っていた。

小林は例年シーズンを半分消化したあたりで負傷し、戦線を離脱してきただけに、年間を通して働けたことに感謝する姿が印象的だった。

なお、歴代のトリプル受賞(リーグ優勝、得点王、MVP)選手は以下の通り。

2002年 高原直泰(ジュビロ磐田)
2005年 アラウージョ(ガンバ大阪)
2008年 マルキーニョス(鹿島アントラーズ)
2012年 佐藤寿人(サンフレッチェ広島)

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ