【サッカー人気1位】世界が変わり果てる前に私たちが考えるべ…

「川崎フットボールアディクト」

井川祐輔「日本でのキャリアはフロンターレで終わるというのは、自分の中では強く思っていること」【コラム】

13日の若手練習後に、契約満了の井川祐輔に話が聞けた。

来季からクラブハウスに来ることがない、ということについて問うと「ここに来るのが当たり前だったので、来なくなるというのはあまりイメージできない。違和感しかないですね」とさみしげだった。

その井川に、惜別コラム(井川祐輔について【コラム】https://www.targma.jp/kawasaki/2017/12/07/post13605/)にも書いた移籍というものを肯定的に捉える考え方について改めて聞いた。

「フロンターレではうまく行ってましたし、そういう意味では水が合ったんでしょうね」と笑顔になる一方、「若いうちにいろいろな移籍を経験するのはぼくは良いことだと思います」とも話してくれた。

(残り 782文字/全文: 1104文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック