【サッカー人気3位】【コトノハ】岡本拓也「もっとよくなると…

「川崎フットボールアディクト」

守田英正がインカレを制覇し大会MVPを獲得。チャンピオンチームでのプロ生活を展望する。【ニュース】

来季フロンターレに加入する流通経済大学の守田英正がインカレを制するとともに大会MVPを獲得した。12月24日に浦和駒場スタジアムで行われた法政大学との決勝では流通経済大の攻撃力が爆発。常に先手を取り続けた結果、法政大を相手に5-1と大勝し日本一の栄誉を掴んだ。また守田は大会を通じて選ばれるMVPにも選出されており、フロンターレ加入を前に最高の手土産となった。

決勝での守田はボランチとして先発フル出場。決して一方的ではなかった試合を1失点でおさえつつ、リードを広げた終盤にうまく試合をコントロール。チームを勝利に導いた。

ダブル受賞後の守田はしかし、浮かれた様子はなかった。

「(プレー面では)良くなかったですね。ミスが多かったのと、自分の特徴を出せなかった。守備で奪うところとかセカンドボールを回収することとか。そういう部分しかできないのに、それさえもできていなかったと思います」

ただ、プレー面での悪さを自覚していたからこそ「声をかけるとか、そういう細かいところではがんばれたと思います」と守田。悪いなら悪いなりにプレーし、チームを優勝に導ける勝負強さがあるということが言えるのかもしれない。

(残り 856文字/全文: 1351文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック