「川崎フットボールアディクト」

降雪のため1日遅れで麻生始動。別メニューながら齋藤学も体を動かす【麻生レポート】

フロンターレが麻生での今季初練習を行った。

当初は23日に予定されていたが、積雪のため練習中止に。雪かきボランティアを募り、雪かきしてサッカーコート1面分以上のエリアの雪かきを終わらせ練習にこぎつけた。

練習はサーキットメニューをこなした上で、鳥かごや11対11のミニゲームなどが行われた。ミニゲームは選手を多少混ぜた状態で行われていた。練習後の大久保嘉人はミニゲームでは複数のポジションに入っていたことについて「前なら全部やれるから。どこでも楽しい。どこでも全然大丈夫」と話していた。

全体練習の脇では、別メニュー組として知念慶と齋藤学がメディカルスタッフと共に練習。その脇を、大島僚太が速度を上げてランニングしていた。

(残り 409文字/全文: 717文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ