「川崎フットボールアディクト」

【コメント】ACL GS 第1節 上海上港戦(谷口彰悟)「やれなくなったことはなくて、たぶんやってないだけで。そこの差は意識とかでも埋められると思います」

ACL GS 第1節の上海上港戦を前にした練習後のコメントです。

◯谷口彰悟
――ACL、去年悔しい思いをした大会ですが。
「ホームで開幕を迎えられますし、そういった意味では勝ち点をしっかり3、取りたいなと。相手は上海上港、強敵ですが、そこは怯むこと無く。しっかり戦えば勝てる自信もありますし、そういった意味ではホームで勝ち点3を取る気持ちは強く持っています」

――去年は負け試合の後に負けてない。連敗してない去年のこともあるし、負けられない初戦でもありますが。
「昨日の試合(ゼロックス杯)はだいぶ悪いところが出てしまったので、みんな目が覚めましたし、公式戦をああやって経験して、こういう感じだったなと色々と思うところもあったりして、もちろん勝ちには行きましたが、なかなかうまく行かなかったなというところで修正点はかなり多かったですね。ただ、それを時間を割いてやることもできないので。そこはコミュニケーションだったりとか、一人ひとりの意識で改善していかないといけないというところで、そういうところでは去年やった経験が生きると思いますし、悲観的になりすぎず。始まってやりながらというところもあると思いますし、そういったところではそんなにネガティブにはなってないです」

(残り 1081文字/全文: 1607文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ