【サッカー人気5位】LumaFusion導入、Jリーグ再延…

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第1節 磐田vs川崎 3点のリードを守り逃げ切りに成功

■運も味方につけて無失点。3ゴールで後半へ
両チーム通して最初の決定機は磐田のカウンターで、それがミスをきっかけにしたものだっただけに諸手を挙げて喜べる試合内容ではなかった。無失点の前半が運を味方につけた部分があったのは否定できない。ただそれにしても体を張って失点を阻止。逆に先制点を奪い、流れを引き込みそのまま3点を奪ったのだからこれ以上の展開はない。

相手の狙い所を外しつつ、中村憲剛の1G2Aの大活躍で前半を3−0で折り返している。

■逃げ切る
後半開始から選手交代でテコ入れしてきた磐田に対し、徐々にペースを奪われる展開に。3点のリードを考えれば無理することはない。狙って無失点で試合を終わらせた、という意味で後半の価値は大きい。

昨季リーグ最少失点の相手に対し敵地で3点を奪ったフロンターレが3−0で勝利した。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック