「川崎フットボールアディクト」

【レポート】ACL GS第3節 川崎vsメルボルンV 土壇場の失点で、掴みかけていた勝ち点3を逃す

■1−1の前半
試合後のミックスゾーンでは放心したような表情の選手が目立った。後半唯一のシュートがアディショナルタイムに与えたPKで、それが同点ゴールになったのだから気落ちするのもやむを得なかった。

試合は両チームの監督が試合前の会見でそれぞれに述べていた通りの試合になっていた。例えば鬼木達監督。

メルボルンVについて「攻撃のところは前線の選手に迫力があるという印象があります。あとはしっかりとボールを繋ぐところはつなぎますし、ダイナミックさもある。色々なストロングなところがあります」と分析。ただし「自分たちのサッカーで対応して行きたいと思います」と話している。

川崎フロンターレは、この鬼木監督の発言にあるように基本的にショートパスでリズムを作りつつ、必要とあらばロングパスを織り交ぜて試合を組み立てていた。メルボルンVを押し込み、ペースを握っていた。

(残り 1791文字/全文: 2166文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ