「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第3節 川崎vsG大阪 (中村憲剛)「ホームで勝ててなかったのは自分の中でも引掛るところがあったので。やっとしっかりスタートできるかなと思います」

J1 第3節
3月10日(土)(13:03KICKOFF/等々力/22,520人)
川崎 2 – 0 G大阪

◯中村憲剛
――勝ち点3を取れましたが。
「それが全てじゃないかなと思います、今日に関しては」

――早い段階で1点入って、そこからの試合運びについては?
「中2日でしたし、ナイトゲームからデーゲームで結構みんなしんどそうで、行くところと行かないところをはっきり…。
あと向こうが取りに来なければ自分たちがボールを長く持って、取られ方を悪くせずにカウンターを食らわないという。そういう話を中でしてて。だからひょっとしたら外から見てたらもう少し行ってほしいというのがあったかもしれませんが、中で話しながら今のペースで、という話はしてました。
ただ、オニさんはもう少し行ってほしかったみたいで。ハーフタイムに、2点目を取りに行かないとダメだということは言ってました。けどそれはオレも思ってました。
あとは前半でボールを回してたので、後半は隙きもできるだろうし、カウンターもできると思ってたので。で2点目もしっかりカウンターで点取れましたし、そこからはうまくボールを持って、いなすというか焦らしながら行けるところは行くし、行かなかったら奥深くまで入って取られたところで回収ということをずっとやり続けられたかなという感じはします。
そういう意味では3日前の(試合を踏まえつつ)そういう失点をしないところとか、ゲーム運び、コントロールのところは今日に関しては話ししながらやれてましたし、意志は統一されていたのかなと思います」

(残り 1213文字/全文: 1858文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ