「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 ACL GS第4節 メルボルンVvs川崎(小林悠)「頑張っていただけに結果がついてこなくて残念です。やはり勝ちたかったですね」

ACL GS第4節
3月13日(火)(19:30KICKOFF/レクタンギュラースタジアム/6,639人)
メルボルンV 1 – 0 川崎

◯小林悠
「お互いチャンスはあった試合だと思いますし、最後の失点は前線に人数をかけようとしていたので。勝たないといけないという状況だったので、失点は仕方がないと思います。やはりその前に点が取れるチャンスはあったので、そこで仕留めないとこういう試合なるかなという試合でした」

――終盤は運動量の部分で疲れがあったように思うが。
「見ていてずっと出ていた選手はきつそうに見えましたし、でもだからこそフレッシュなというか、出ていなかった選手も使ってチャンスも作れていた。下を向く内容ではないですけど、やっぱり最後の決めるところ、それに尽きるなという試合でしたね」

(残り 717文字/全文: 1054文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ