「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第7節 川崎vsC大阪 (守田英正)「チームとしてやるべきことをみんなで共有できていると思うので。焦れずに結果が出るまでやり続けていくだけだと思います」

J1 第7節
4月11日(水)(19:03KICKOFF/等々力/17,113人)
川崎 1 – 2 C大阪

◯守田英正
「前半自分たちのペースでああいう形で点を取って、前半は1−0で折り返すかなと思ったんですが、やっぱりセットプレーで点を取れるチームなので、相手は。そういう1本の勝負どころを見逃さずに決めてきたので、試合展開としてはあっちの方が優勢だったなと思います」

――取りに行くということで出たんでしょうか?
「自分が前に飛び出していくというところで、運動量も含めてですが、攻撃にアクセントを加えるのと、あわよくば自分でどんどん狙っていく姿勢を見せていいからということを言われたので。そういうのを狙ってほしいと」

――勝てていません。
「チームとしてぶれないことが大事だと思うので。意思統一というか、チームとしてやるべきことをみんなで共有できていると思うので。焦れずに結果が出るまでやり続けていくだけだと思います」

(取材・構成/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ