「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第13節 川崎vsFC東京 (中村憲剛)「もう一度一人ひとりちゃんと、同じ方向というか。攻撃も守備も同じ方向を向いてやらないと。簡単じゃないし。コツコツやらないとだめかなと」

J1 第13節
5月5日(土)(14:02KICKOFF/等々力/24,677人)
川崎 0 – 2 FC東京

◯中村憲剛
「せっかく3連勝したのにホームで2連敗というのは非常にもったいない。もう一度一人ひとりちゃんと、同じ方向というか。攻撃も守備も同じ方向を向いてやらないと。簡単じゃないし。コツコツやらないとだめかなと」

――憲剛くんが入って川崎ペースになったけど、決めきれなかった。
「そこで1点とれていれば全く違う流れになっていたと思いますし、オレのシュートも林選手がよく止めたと思いますし。そういうミドルシュートは前半からチャンスだなと思っていたので。とにかく間で顔を出して、受けて、出して、動くという。シンプルですが、ああやってゾーンで守ってくる相手。中で締めてくる相手というのはそういうのが効くし、そういう動きが出てくれば締めるから外に出して、相手がまた広がればまた中が空く。そこをみんなができれば。
どこに走るのかとか、どこを突くのか。そういう部分をみんなで狙いを持ってやれればどこかは空くし。あれだけ下がってペナルティエリアの懐で受けられるところもあったので。それこそ出して動くじゃないですが、そういうのが効くと思いますし。そうやってあの手この手を使ってね。

(残り 848文字/全文: 1374文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ