『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第14節 柏vs川崎 鈴木雄斗の移籍後初ゴールで逆転。

■伊東純也に先制を許し0-1で後半へ
立ち上がりに少々押し込まれた時間帯を除けば拮抗した試合展開。
17分の阿部浩之、22分の守田英正など決定的なシュートも打てていた。
ただ、32分にFKをつながれ、最後は伊東純也にファインゴールを決められて先制を許したのは誤算。
パスワークを封じられた昨季に比べれば問題ないピッチコンディションでの試合だ。後半の巻き返しに期待したい。

■執念で逆転
後半に入るとプレスの位置を下げてセーフティに試合を進めようとした柏に対し、フロンターレが一方的にボールを持ち続ける展開に。

逃げ切られそうな雰囲気もあったが、守田の守備から小林悠が25mほどのミドルシュートをねじ込んで同点に追いつくと、後半終了間際。移籍後リーグ戦初出場かつJ1初出場の鈴木雄斗がクロスを頭で合わせて逆転。フロンターレでの初得点が値千金の決勝点となった。

敵地で価値ある勝ち点3を手にした。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック