「川崎フットボールアディクト」

【#オフログ】登里享平に寿司をごちそうになった守田英正、空気を読む


守田英正が16日にツィッターでつぶやいた内容について話を聞いた。
つぶやいたのは、ポープ・ウィリアムと共に登里享平に寿司に連れて行ってもらったというものだった。

基本的にいい話なのだが、守田のつぶやきには #絶対snsのせんなよ と言われたらしい旨の記述がある。守田はそれが「前振り」に思えたらしく思わずつぶやいたと報告。ということでことの真相を聞いてみた。

少し大げさに「SNSでプライベートが流出したみたいだけど」と話しかけると、怪訝そうな表情になったノボリは「守田くんが秘密を暴露したみたいで」と言葉を続けると、満面の笑みで「まさかあれを振りと取られるとは、と言っといてください(笑)」と話し始めた。

この笑顔でネタだとわかったが、少しだけ深掘りして話を聞かせてもらった。そもそもノボリは守田、ポープについては前々からご飯につれていくことを約束していたとのこと。

「何を食べたい?」と聞くノボリに対し、守田は「回ったことのない寿司に行きたい」と回答。それを聞いたノボリは「おー、なかなかこいつやるなと。初っ端から焼き肉とかじゃないのか」と思いつつ「寿司には一回連れて行ってあげたくて」と連れて行くことになったという。

ちなみに今回のお店はノボリが加入初年度に先輩に連れて行ってもらって以来、通っているお店だとのこと。現水戸の松井謙弥から教わった「先輩には気を遣え、後輩にはカネを使え」という言葉を実行に移したと話していた。

なお、ノボリはこれまでケチキャラを装ってきたとのことで「今のオレは先輩に気を遣わず、後輩に気を遣わせ。後輩にはカネを使わず。先輩にカネを使わせてたので、そろそろ(後輩におごらないと)かなと思ったので」と笑顔だった。

(残り 480文字/全文: 1392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ