「川崎フットボールアディクト」

【えとーセトラ】豊田陽平が語っていた韓国サッカー


豊田陽平が鳥栖に復帰した。

豊田の復帰に伴い、噂されていたフェルナンド・トーレスの移籍は完全に消えたのだろうが、あのやらかしが移籍交渉に影響を及ぼしていたのだとすれば残念な話だ。真相は分からないが、移籍は簡単ではないということだろう。

ちなみに移籍の難しさについて、蔚山現代で半年プレーしていた豊田自身が話していた。

豊田が移籍した蔚山現代はACLではフロンターレと同組になっており、2月20日の蔚山での試合前日の会見は豊田が出席していた。

【前日会見】ACL GS 第2節 蔚山現代vs川崎 キム・ドフン監督、豊田陽平選手


豊田は当時から「(Kリーグのチームに)入ってみてびっくりすることは多々ある」と話していたが、このときは「それに答えを出すというよりも理解をして、それに慣れる、順応することが大事だと思います」と話していた。その豊田がグループリーグ最終節の等々力での試合後、ミックスゾーンで話してくれたことは興味深かった。

今回鳥栖への復帰が決まったということなので、このときの話を紹介したいと思う。

(残り 1291文字/全文: 1900文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ